公益財団法人 平戸市振興公社

トップページお知らせドライブ情報情報公開施設情報お問い合わせプライバシーポリシー

ドライブ情報
 平戸市をはじめ、長崎県県北地域をより楽しめるドライブ情報をお届けします。





【教会巡礼のマナー】
このページでは、教会の紹介をしていますが、教会堂は祈りの場です。教会内では以下のことを守りましょう。
●聖なる場所では私語をつつしみましょう
●鐘を鳴らさないでください
●祭壇及び朗読台などが配置されている場所には入らないでください
 また2階席か中2階にある聖歌隊の席にも入ってはいけません
●教会堂内に置いてあるものに触らないでください
●教会堂内では飲み食いしていけません



1.焼罪(やいざ)史跡公園

 1622年(元和8)、キリスト禁教令の下で布教活動・救済事業をおこなったイタリア人宣教師・カミロ・コスタンツォ神父が、宇久島で捕らえられ、そして田平のこの地で火刑に処されました。
 殉教の時代を今に伝えるため、1990年(平成2)、平戸瀬戸を望む小高い丘に「殉教の碑」が建てられました。

2.田平天主堂(カトリック田平教会)

 1915年(大正4)から3年の歳月をかけて、信者たちの手によって建設されたロマネスク様式の荘厳な赤煉瓦づくりの教会です。教会堂棟梁・鉄川与助氏の代表作のひとつとしても知られています。



 平戸大橋を渡ります。県道19号を進みましょう。案内板に沿って聖フランシスコ・ザビエル記念教会を目指します。

3.聖フランシスコ・ザビエル記念教会


 1313年「カトリック平戸教会」として建てられ、1931年に現在の場所に建設されました。
この教会から宮の町の方へ下って歩いて行き振り返ってみると、寺院と教会が見えるスポットとなります。異国文化の溶け合う町並みが、旅情をさらに高めてくれます。
 1977年(昭和52)に公開された映画「男はつらいよ」第20作“寅次郎頑張れ!”では、平戸島がロケ地に選ばれました。その映画の中で、藤村志保さん演じる藤子と寅さんが一緒に礼拝に行くシーンがありましたが、帰りに話しながら歩くシーンはこの場所で撮影されています。

 平戸大橋の方へ戻り、国道383号線を進みます。
宝亀森林公園を過ぎたら、右折します。

4.カトリック宝亀(ほうき)教会

 1898年に建立されました。イギリス積のレンガ造りの外壁や尖頭アーチ式の円型窓、コウモリ天井、レンガ造りと木造建築の融合、瓦葺屋根など、建築学上多くの特徴を持つ聖堂です。
 国道383号線から右折して入る際は、道が狭くなっているのでスピードには注意してください。

5.カトリック紐差(ひもさし)教会

 1873年、パリーミッション会の宣教師ペルー新婦が平戸を訪れた際に、田崎に仮の教会を設けたといいます。現在の大天主堂は1927年に着工し、2年かかって完成しました。東洋でも指折りのロマネスク様式の天主堂です。

6.平戸切支丹資料館・根獅子(ねしこ)地区

 平戸市は、フランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝え、布教の地としても栄えました。特に生月・根獅子(ねしこ)では、住民のほとんどが信者になったといわれています。
 しかし、その後の豊臣秀吉や徳川家康の禁教令等による弾圧時代になると、信仰を続けていくためには仏教を隠れ蓑にしながら生きていくしか道はなく、時には命をかけた殉教というかたちで信仰を貫く者もいました。
 この資料館では、隠れキリシタンにより信仰の対象とされたマリア観音や納戸神のほか、禁教を命ずる高札、踏絵等の資料が収蔵展示されています。
資料館のそばには「おろくにん様」など当時の史跡も多く残っています。
平戸切支丹資料館


 さあ、生月を目指して進みます。生月大橋を渡り、県道42号を直進します。

7.中江ノ島

 生月と平戸の間に浮かぶ島で、中江ノ島という島があります。
 焼罪史跡公園で紹介したカミロ・コスタンツォ神父が捕らえられた時、彼を世話していたジュワン坂本とダミアン出口がこの島で斬罪に処せられました。続いて、生月のジョアン次郎右衛門も処刑されました。ジョアン次郎右衛門は、「ここから天国はそう遠くない」と言い残したといわれています。
 中江ノ島は、生月のかくれキリシタンの聖地であり、今でも洗礼などに用いる聖水「サンジュワン様の御水」をとるといわれています。生月大橋を渡る前からドライブ途中に見つけられます。

8.平戸市生月町博物館 島の館

 江戸時代には日本最大規模を誇った益冨捕鯨の展示をはじめ、長い迫害に耐えて受け継がれたかくれキリシタンの信仰、豊かな自然の中で営まれた漁業や農業の姿が展示されています。他では見ることのできない生月の魅力を知ることができるので必見! また館内はバリアフリー対応です。
 またお守りとして重宝されてきた鯨のヒゲをはじめ、ここでしか販売されていない商品が並んでいます。

9.だんじく様


 捕吏に追われていた弥市兵衛と妻マリア、そしてその子ジュワンが殉教した場所です。
 3人は難を逃れ、この暖竹に隠れていましたが、会場から役人に発見され、斬首されたと伝えられています。
 以来、海上からのお詣りは忌みきらわれているといいます。

10.ガスパル様

 島を統治していた切支丹領主・籠手田氏と一部氏が亡命した後、島に残った信徒を指導したのが、西玄可(洗礼名ガスパル)です。しかし1609年(慶長14)に捕らえられ、黒瀬の辻で処刑。信徒たちはここを聖地として崇めています。

11.カトリック山田教会

 1912年(大正元)に鉄川与助氏の手により完成した教会です。悲しみの聖母像など島の信徒たちが辿った受難の歴史を偲ぶことができます。

<<ドライブ情報に戻る