平戸市切支丹資料館トップ入館案内アクセス・駐車場館内・展示物切支丹の歴史周辺史跡情報

記事一覧

 切支丹の歴史

平戸地方のキリスト教歴史

◆ザビエルの来日と平戸◆

 キリスト教が日本に伝えられるのは1549年8月に鹿児島出身の日本人アンジローに伴われて、フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸したのが最初とされています。ザビエルは早速鹿児島で布教活動を行ないますが、仏教徒の反感にあい成果があがりませんでした。
翌1550年9月にポルトガル船が平戸に入港したのを聞いたザビエルは鹿児島布教をあきらめトーレス、フェルナンデス、日本人ベルナルドらを伴って平戸に来ました。この時ポルトガル人たちは、祝砲を撃ち満艦飾を施し、ラッパを吹いて祝賀の意を尽くしています。

 ザビエルは時の領主松浦隆信(道可)に謁見し、即座に布教の許可を得て平戸での布教を行っています。平戸では20日の間に鹿児島での一年に相当する以上の信者を得たといいます。ザビエルは都で布教するため、トーレスに平戸を任せて、フェルナンデス、ベルナルドらを伴って10月下旬都へと旅立ちます。
 途中山口で領主大内義隆に謁見して都へ向いましたが、都は応仁の乱後の戦渦に荒廃し布教どころではありませんでした。ザビエルは時の実力者は大内氏であると実感し、山口を活動の場と考えました。山口では二ヶ月の内に500名の信者が出来たといいます。しかし最初は好意的だった仏教徒たちも、ザビエル一行の仏教に対する批判を受け、次第に憎悪を増していきました。

 そんな折り、同年九月大分の豊後に来航したポルトガル船の船長ドワルテ・ダ・ガマの勧めで大友宗麟に招かれたザビエルは豊後を訪れ、好意を以て迎えられています。

 ザビエルはある程度布教が順調に進むのをみて、以前からの懸案であったインド布教を再度見直すためにインド渡航を決意し、今後のことをトルレス神父らに託して1551年11月16日豊後港から離日しました。

ページ移動