島の館トップページアクセス・駐車場


記事一覧

 捕鯨の対象となった鯨

捕鯨の対象となった鯨


①背美鯨(勢美鯨)
ファイル 49-1.gif
背鰭が無くずんぐりした形態の体長17メートル程の髭鯨。世界的にも主要な捕獲対象だったが、古式捕鯨業時代最も重要な対象で、前期から突取捕鯨法で盛んに取られた。動きが鈍い、潜るのも浅い、死んでも浮いている等と取り易く、皮脂層も厚いため油も多く取れると良い所づくめだった。しかし前期後半には乱獲のためか数が減少したようで、後期に入る幕末には欧米捕鯨船の活動によって激減している。

②座頭鯨(雑頭鯨)
ファイル 49-2.gif
長い胸鰭が特徴の体長13メートル程の髭鯨。背美鯨に次ぐ対象であるが、
泳ぎはより速く、深く潜るので捕獲は難しく、これを捕獲するために網掛突取捕鯨法が考
案されたと考えられる。古式捕鯨業時代中期の主要対象で後期には減少傾向にあったが、
近代捕鯨業時代前期に入ると著しく減少した。

③白長須鯨・長須鯨
ファイル 49-3.gif
前者は体長26メートル程、後者は同22メートル程のすらりとした髭鯨。往古は白長須鯨だけでなく鰯鯨・ニタリ鯨なども全て長須鯨として勘定された可能性がある。
座頭鯨よりさらに速く泳ぎ、深く潜り、その上音で脅かす事が出来ないので、網掛突取捕鯨法でも捕獲は容易でなかったが、一方で巨大であるが脂肪分が少なく、労力の割には報われない対象だった。しかし後期には個体数が多く残るこれらの鯨の捕獲を目的として、網掛突取捕鯨法の改良や銃殺、砲殺捕鯨の導入が図られた。近代捕鯨業時代にノルウェー式砲殺捕鯨法の主要対象となったため数は激減した。

④克鯨(児鯨、青鷺)
ファイル 49-4.gif
体長14メートル程の髭鯨。しばしば湾内にも入ってくる鯨のため、大村秀雄氏は、古式捕鯨業時代の始めに伊勢湾・三河湾で取られた鯨はこれでなかろうかと推測している。音にも驚かず性質も荒いため、網組でも専ら突取捕鯨法で取った。朝鮮半島東岸から西海に回遊するが、近代捕鯨業時代前期に朝鮮海域で盛んに取られ、数は激減した。

⑤抹香鯨
ファイル 49-5.gif
頭でっかちの形状の体長15メートル程の歯鯨。紀伊半島周辺漁場では昔から取られたが、深く潜れる反面、浮上時間も長く、死後も浮いている良い獲物だった。紀州ではこの鯨を捕獲対象にしているため、網組になっても突組の頃と同様多数の銛を搭載し、突取法のみで鯨を取る構えをしていた。欧米の母船突取捕鯨が最重要の対象としていた。

⑥槌鯨
ファイル 49-6.gif
尖った口吻を持つ体長12メートル程の小型の歯鯨。古式捕鯨業時代から安房漁場の主な捕獲対象だったが、沖合を回遊するため網掛突取捕鯨法には馴染まず、突取捕鯨法のみで取られた。近代捕鯨業時代以降も各種砲殺捕鯨法で取られ、現在も捕獲が続いている。

⑦鰯鯨・ニタリ鯨
ファイル 49-7.gif
ともに体長14メートル程の髭鯨で、前者は太平洋岸の寒い海に、後者は対馬~山口県長門市辺りから南の暖かい海に多いという。捕獲が本格化するのは近代捕鯨業時代後期になってからである。

⑧ミンク鯨
ファイル 49-8.gif
体長8㍍程の小型の髭鯨のため、従来省みられなかったが、昭和初期以降小型沿岸砲殺捕鯨の対象となり、終戦直後頃には特に沢山捕獲された。なお南氷洋における母船砲殺捕鯨でも終わり頃には主要対象となり、現在も調査捕鯨の目的で捕獲が続く。

⑨ゴンドウ鯨(巨頭鯨)
ファイル 49-9.gif
オキゴンドウやコビレゴンドウ等を包括して呼んでいるようで、体長5メートル程の小型の歯鯨で群れをなして泳ぎ、紀伊半島周辺漁場では昔から取られていた。
近代捕鯨業時代に入ると砲殺捕鯨で取られるようになり、最近も断切網で捕獲されている。