島の館トップページアクセス・駐車場


記事一覧

 山見と番船

山見と番船


ファイル 54-1.gif
鯨を探すためには山見と番船が用いられた。
 山見とは陸上にあって鯨を探す場所の事であり、探す役目の者や小屋もさす。山見は複数置かれたが、本部の山見が納屋場や船団の待機場所に近い高所に置かれ、そこから見通せる範囲で鯨の通る海域を監視できる高地、岬、小島の上に外郭の山見が置かれた。
 生月島では、納屋場に程近く、網代を眼下に見る鞍馬鼻に本部山見が置かれ、生月島の東岸、生月島の東対岸の下り鯨が回遊してくる海峡に面した的山大島、度島、平戸島の沿岸に加え、生月島の西岸にも上り鯨を見張るための外郭山見が置かれた。
 山見の建物を『勇魚取絵詞』で見ると、板屋根の庇を長く出して空があまり視界に入らないようにしている。視界が広くなるほど目の疲労は増すためである。山見の者は、おもに浮上する鯨が呼吸の際に吐き出す呼気(汐吹き)を探したが、その形で鯨の種類や進行方向も言い当てたという。昭和初期の呼子で山見を務めた人によると、漁期の間は悪天候以外、夜明けから夕暮れまで監視を続け、昼飯も監視をしながら取り、日常生活でも深酒や夜更かしなど視力や集中力に影響することは控えたという。江戸時代後半には遠眼鏡も
使われた。
 外郭の山見は鯨を発見すると、直ちに狼煙や筵旗、枝を振って本部山見に知らせた。狼煙には松葉を用いたが、わざと戸外に置いて湿らせ煙が立つようにしていた。また狼煙を焚く場所で鯨の種類を知らせたという。本部山見では、知らせが入ると、筵旗を上げて確認の合図とし、鯨の種類や来る方向を船に知らせた。また西海では鯨が網に近づくと、近傍の山見は手持ちの幟旗を使って船に鯨の位置を知らせた。
番船は、沖合の方から来る鯨を発見するために出した勢子船で、鯨を発見すると旗を立てて合図とした。