島の館トップページアクセス・駐車場


記事一覧

 追い込み

追い込み


ファイル 55-1.gif
 山見の合図ののち、勢子船が漕ぎ出し、鯨の後方と左右の三方に展開しながら鯨を網代に向かって追い立てた。その際には鯨が音に敏感な習性を用いた。鯨は仲間同士の交信、周囲の地形の確認、餌の存在などを音波で確認しているが、それを逆手に取って、船縁を狩棒(紀州では槌という)という木の棒で叩いて、鯨を音で追い立てた。太地五郎作氏によると、沖合3~4里にいる鯨は岸の網代まで誘導できたが、長須鯨には音は効かないと
いう。なお西海では、出入りが少ない単調な海岸線で、遠浅ではなく岸近くでも鯨網の深さと同じ18尋程度の水深がある所を選んで網代が設けられた。海岸伝いに鯨を誘導し、その先の網に追い込み易いからだと思われる。
 鯨を網に向かって追い立て、網に掛かった後の鯨に銛を打つことを任務とする船は勢子船と呼ばれ、快速を必要とするため8丁の櫓を12人で漕いだ。西海の勢子船は兵庫造りの船形が専ら使われるようになり、兵庫(神戸市)の船大工から成形された船材を購入し、漁場で組み立てるプレハブ方式が取られた。勢子船は、水押の先端にチャセンという飾りの突起を付け、船の内側を返り血が目立たぬためか赤く塗っていた。なお紀州の各船は、船腹に花などをあしらった華麗な装飾を施し、それを見るだけで羽指の階級が分かるようにしていた。しかし西海の場合一般的には黒を基調とし赤を若干施し、五尺と呼ばれる上棚の上の羽目板に菱目を施す程度の地味な装飾が多かった。