島の館トップページアクセス・駐車場


記事一覧

 御神体

御神体


津元で祀られる主要な御神体は「御前様」と呼ばれる。よく御神体全体を指して
「納戸神様」と呼ぶが、それは御前様を、昔は納戸に祀っていたため、外部の者がこう
呼ぶようになったと思われる。御前様は、かつては特定の行事の時だけ飾られ、日常は木箱等に
しまわれていた。しかし昭和初期以降、座敷に木祠を据えたり、神様専用の部屋に祭壇を作り、
常時飾るようになってきている。またコンパンヤのお札様や個人の御神体は、茶の間の戸
棚に祀ったりしている。御神体には次のような種類がある。

メダイ
ファイル 34-1.jpg
キリストやマリア、聖人などの大小の金属製のメダル。大型は御前様とし
て祀られる。なおメダイを初め、金属製の御神体を総じて金仏様と呼ぶ。

コンタツ
ファイル 34-2.jpg
ロザリオ(数珠)の先に付いた、木の玉を組み合わせた十字架。中心的な御神体ではないが、津元に祀られる例が多い。

お掛け絵
ファイル 34-3.jpg
掛軸になった聖画。御前様として最も一般的なタイプである。


お札様
ロザリオの玄義を記した15枚と親札1枚の16枚が基本的な一組。小組の御神体である。


お水瓶
ファイル 34-4.jpg
中江ノ島の聖水を入れた壺。


オテンペンシャ
ファイル 34-5.jpg
細縄を束ねたもので、元々贖罪の鞭である。語源はポルトガル語のPenitencia(悔悛)で、現在は祓いに用いられる。

なをオマブリといい、
ファイル 34-6.jpg
和紙を剣先十字に切ったものや、小竹を十字に交差させて結んだものを、魔除け等に用いる。